忍者ブログ
-六道輪廻-
何度生まれ変わったとしても 君を探し出すと誓う 
[PR] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

あたしたちはみんな仲良し。

プログラムなんて、成り立つはずがない。



「君たちは、この大東亜共和国の名誉ある第68番プログラムに選ばれた。」
低く美しい声で紡がれた信じられない言葉に、櫻田かおる(女子1番)は言葉を失った。
かおるだけではなく、全員が信じられないといった様子で、教壇に立つ紳士風の男を見上げていた。

第68番プログラム――大東亜共和国に住む中学3年生で、この言葉を知らない人などいない。
全国の中学校から任意に選出した3年生の学級内で、生徒同士を戦わせ、生き残った一人のみが、家に帰ることができる、わが大東亜共和国専守防衛陸軍が防衛上の必要から行っている戦闘シミュレーション――小学4年生の社会の教科書にも出てくるし、ローカルニュースで年に一度くらいは目にするものだ。
傷だらけ血塗れの少年少女が両脇を軍人らしき人たちに抱えられながらカメラの方をじっと見つめ、なぜか総じて笑みを浮かべる――ニュースで流れるホラー映画顔負けの不気味な映像は、かおるの脳裏にもしっかりと焼きつき、忘れようと思っても忘れられない。

「い…いやぁ……冗談っしょ?うちみたいなさ、6人しかいないちっちゃいクラスでそんなの…なぁ?」

神尾龍之介(男子3番)が引き攣った声を上げ、クラスメイトたちを見回した。「誰か、冗談だって言ってくれ」、龍之介の目が訴えてきたけれど、かおるは視線をそらし、俯くことしかできなかった。

「ごめんなあ、神尾ーこれ、冗談ちゃうねん。でもこんな空気の中頑張って発言した神尾の勇気に免じて一コケシやろ!」

チューリップハットに花柄のシャツを着た若い男はヘラッと笑い、龍之介の机の上にコケシを置いた。
龍之介はコケシを凝視し、視線をチューリップハット男の顔へと上げ――笑顔を向けられて慌てて視線を逸らしていた。
龍之介の背中越しに見えるコケシの顔が不気味に見えて、かおるはぶるっと体を震わせた。

「話を戻そう。君たちは第68番プログラムに選ばれた。つまり、これから、君たちには殺し合いをしてもらう」

”殺し合い”――その言葉が、ずしんとかおるに圧し掛かる。

そんな、たった6人の仲良し同士なのに…そうだよ、できるわけないよ。
みんな、いい子だもん、そんな酷いこと、できるわけない…よね?

かおるは隣に座っている大塚千晴(男子1番)へと目を遣った。
椅子に深く腰掛け、じっと前に座る龍之介の広い背中を見つめていた千晴だったが、かおるの視線に気づいたのかかおるの方へ首を傾け、ふっと笑みを浮かべた。
大丈夫だよ、かおるちゃん。そう言ってくれているみたいで、少しだけ、心が落ち着いた気がした。

「プログラムの間、私たちが君たちの担当となる。私は、担任の、榊原五郎(さかきばら・ごろう)だ。隣の2人は、私の補佐を行っていただく先生方で、右側が虎崎れんげ(とらさき・れんげ)先生、左側が渡部ヲサム(わたなべ・をさむ)先生だ」

榊原と名乗るスーツ姿の男は、まるで指揮者がタクトを振るような優雅な動きで黒板に名前を書いた。
ピンクジャージの気が強そうな中年女性は虎崎、チューリップハット男が渡部だそうだ。

「ちょっと待ってください」

かおるの前の席に座る中條晶子(女子2番)が声を上げた。
かおるは、ぴっちりと綺麗に結い上げられた晶子のお団子頭に視線を向けた。

「私たちの担任は、藤くん…藤丸先生です。藤丸先生は、私たちがプログラムに参加することを認めるはずがありません」

凛とした声、はっきりとした口調。いつもと変わらない、委員長であるかおるよりもずっとしっかりとした口調で、晶子が述べた。

そう、かおるたちの担任は藤丸英一先生。22歳の新任の先生で、クラスのみんなから「藤くん」と慕われ、藤丸も全員のことをファーストネームで呼ぶ。休み時間に一緒に遊ぶこともあれば、放課後に勉強に付き合ってくれることもあり、生徒たちにラーメンを奢ってくれることもある、先生と言うよりもお兄さんのような存在。
そんな藤丸が、かおるたちのプログラム参加を認めるはずがない。

「中條、次からは質問の際は挙手をするように。
確かに藤丸先生は君たちがプログラムに参加することを反対しておられた。そのため、少々手荒な手段を取らせてもらった」

榊原は渡部に視線を投げ、ぴしっと親指以外の指を前方に突き出した。渡部は頷いて一度廊下に出ると、ずるずると何かを引きずりながら戻ってきた。

「いやあああああッ!!!藤くん、藤くんッ!!!」

かおるの後ろ、成瀬萌(女子3番)が金切り声を上げた。
元々色白だが、むしろ顔面蒼白となった萌がふらりと椅子から崩れ落ちたが、隣の席の柏谷天馬(男子2番)が咄嗟に両手を伸ばして受け止めたので、床に体を打ち付けることはなかった。
萌の華奢な身体を抱き止めた天馬の表情は引きつっていた。そして、それは、天馬だけではなく全員だったのだが。
それもそのはず、渡部が引きずり椅子に座らせたのは、かおるたちの担任の藤丸だった。
ただし、その姿は、見慣れたものではなかった。青いTシャツは所々黒く変色し、Tシャツから生えた筋肉質な腕にはいくつもの痣ができ、やや幼いけれども整ったパーツが並べられた顔は見る影もない程に腫れ上がり、外はねのクセがある赤みのある茶髪はぼさぼさになっていた。小さく肩を上下させているので息はあるようだが、意識があるのかどうかはわからない。

「藤くんッ!!!」

机を倒して駆け寄ろうとした龍之介だったが、虎崎の蹴りを鳩尾に食らって吹っ飛び、千晴の机へ突っ込んだ。

「勝手に席を立つんじゃないよ!!今度やったら、こんなモンじゃ済まないからね!!」

龍之介のもとに駆け寄ろうと腰を上げていた晶子が、虎崎の怒声に身を硬直させた。
かおるは身が竦んで動くことすらできず、ただ苦しそうに咳込む龍之介と、「大丈夫か」と声を掛けて背中を摩る千晴を見ていることしかできなかった。

「静粛に。それでは、藤丸先生もいらしたところで、プログラムのルールについて説明を始める。皆の命に関わることなので、注意して聞くように。神尾、柏谷、成瀬、席に着け」

千晴の机に体を預けて咳込んでいた龍之介が、ふらふらと立ち上がり、自分で倒した机を元に戻して着席した。痛みと恐怖と怒りが綯い交ぜになったような、普段の明るく元気な姿からは想像できないような表情を浮かべていた。
天馬は萌を座らせた後無言で席に戻ったが、その体はずっと震えていた。

龍之介と天馬と萌が席に着く様を確認すると、榊原は黒板の脇に丸めて立て掛けられていた模造紙を開き、黒板に磁石で貼り付けた。縦横4マスずつに区切られた地図のようだった。榊原は咳払いを一つし、話し始めた。

「ルールについては皆知っていると思うが、最後の1人になるまで殺し合いをしてもらう。基本的にここでは何をしてもらっても構わないし、誰かと手を組むことも、裏切ることも、また単独行動をするのも自由だ。
黒板に注目してほしい。これは、皆が戦う会場、青春海立運動公園(せいしゅんうみだちうんどうこうえん)の地図だ。端には柵を作ってあるので、この地図に書かれていない場所へは行くことができないので注意するように。ちなみに、今皆がいるのは、B-3エリアにある公園の管理事務所だ」

rokudoumap.gif







青春海立運動公園――かおるは、何度か訪れたことがあった。春は桜、秋は紅葉が美しいことで有名な場所であり、家族と来たこともあれば、美術部仲間の千晴とスケッチに来たこともあった。そんな場所で、プログラムを行うだなんて。

「プログラム中、誰かが死亡する毎にこちらから放送を行う。その時に、禁止エリアというものを発表する。禁止エリアとは、立ち入りを禁止するエリアのことだ。
それに関係するのが皆に装着してもらっている首輪だが、これは皆の居場所や生死をモニターするものである。禁止エリアに立ち入った場合、こちらから首輪に電波を送る。電波を受信した首輪は、1分間警告音を発した後爆発するので、禁止エリアには立ち入らないように。また、警告音が鳴った場合には、1分以内に禁止エリア外に出るように。
それと、無理に引っ張っても爆発するからあまり触らないように、櫻田」

首元に手をやっていたかおるは、榊原から名指しで注意されて慌てて手を膝の上に戻した。それにしても、首輪が爆発だなんて、おかしいにも程がある。今、かおるたちは、首に爆弾を着けて座っているということになるのだから。

「それから、出発の際には、こちらから荷物を渡す。水や食料、会場の地図と磁石、懐中電灯と時計、それから武器を入れてある。これはランダムで渡すので、武器を選ぶことはできない」

渡部が再び廊下に出、今度は6つのデイパックを両腕に提げて戻って来た。相当の重さがあるのだろう、それらを床に置いた時にはその振動が足元に伝わってきた。

「説明は以上だ、質問はあるか」

かおるは俯いた。質問なんて、「どうして自分たちがプログラムに参加しなければならないのか」くらいしか思い浮かばないが、そんなことを言えば藤丸や龍之介のように理不尽な暴力を振るわれるに決まっている。
ちらっと隣を盗み見ると、千晴も同じように俯いていた。クラス1騒がしい龍之介も、しっかり者の晶子も、何も言わなかった。

「っく…ひっく……いや…怖いよぅ…」

かおるの後ろで、萌が消え入りそうな声で嗚咽交じりに呟いた。その悲痛な声に、かおるの双眸からもぼろぼろと涙が零れ落ちた。怖い、怖い、怖くてたまらない。

「泣き事言ってんじゃないよ!!世の中、嫌なことを避けて進めるようにはできてないんだよッ!!」

虎崎の怒号が飛び、かおるはびくっと体を震わせた。萌の嗚咽が一瞬止まったが、先程よりもより大きな声で泣きじゃくり始めた。
そのことに苛立ったらしい虎崎が、大きな足音を立てて萌の横に立ち、萌のふんわりとした栗色の髪を鷲掴んだ。萌が「いやぁッ!!」と甲高い悲鳴を上げた。

「や、やめろよ、成瀬を離せッ!!
泣いたって、怖がったって…そんなの当たり前だ!!今から殺し合えとか言われて平気なヤツ、いるわけないだろ!!成瀬の反応ってすっげー普通じゃん、声にしてなくたって、俺ら全員絶対同じこと思ってるし!!!」

天馬が叫んだ(恐怖からか、声は引き攣り時に裏返っていたけれど)。
虎崎は萌から手を離し、今度は天馬の隣へと移動し、拳を振り上げた。「天ちゃん!!」とあちこちから声が上がり、天馬は目をぎゅっと瞑った――が、天馬が先の龍之介のように吹っ飛ぶことはなかった。拳が当たる寸前で、榊原から制止の声が掛かったのだ。

「まあまあ虎崎先生、落ち着いてください。柏谷の言う通りですよ」

「…まあ、そうだねぇ」

虎崎は納得したように何度か頷くと、教室の前方へと戻って行った。
萌が席を立って天馬に泣きついた時には立ち止まって振り返りその様子を睨んでいたが、「ほれ、さっさと席に戻りな」というお咎めの言葉以外は何もなく、皆がほっと溜息を吐いた。

「それでは、これから1人ずつ順番に出発してもらう。なお、足元に置いてある各自の私物は持って行っても構わない。
出発した者が本部のあるB-3エリアを出た時点で次の者が出発し、最後の者が出発してから20分後にこのエリアは禁止エリアに指定されるので、早くここから立ち去るように。あまりに長いこと居座っていると後が閊えてしまうから、その場合には制裁を行うこともありうるので気を付けること」

榊原はスーツの内ポケットから封筒を取り出すと、鋏で封を切った。中から1枚の紙を出した。

「それでは、最初の出発者を発表する。

男子1番・大塚千晴、逝ってよし!」

全員の視線が、千晴に集まった。千晴はぽかんとしていたが、虎崎の「ほれほれ!!」と急かす怒号に押されるように立ち上がった。足元の鞄を肩に掛け、ゆっくりと教卓の前に立った。

「みんなのご家族にはちゃんと報告してあるから、存分に戦ってな!ほんなら大塚、先生の言う言葉を繰り返してなー!
私たちは殺し合いをする、はい!」

渡部の口から飛び出したとんでもない言葉に、千晴は「…え?」と茫然とした声を漏らした。

「ほらほら、ちゃんと言わなコケシで殴るで?私たちは殺し合いをする、はい!」

「わ…たしたち、は、殺し合いを、する…」

「よっしゃよくできました、ほんなら次、殺らなきゃ殺られる、はい!」

「やらなきゃ…やられる…」

まるで洗脳しているみたいだ、かおるは思った。

「…千晴……ごめんな……」

不意に、小さな声が聞こえた。掠れて虚ろだけれど、藤丸の声だった。
千晴が藤丸の方に顔を向けた。

「藤くんのせいじゃないよ……藤くんは、何も悪くない…でしょ?」

千晴の静かで優しい声。相手を思いやり労わる、聞き慣れた声。
千晴はあんな上辺だけの言葉で洗脳なんかされやしない、いつもの穏やかで優しい千晴のままだ。

千晴は渡部からデイパックを受け取ると、クラスメイトたちの方へ向き直った。一人ひとりの顔を順番に見遣り、小さく笑んだ。

「俺は、みんなを信じてる…だから、みんなも俺を信じて」

千晴はそう言うと、まるで毎日の下校時のような足取りで教室を出て行った。

千晴の残した言葉は、ほんの僅かだけれど教室内に満ちた重苦しい空気を晴らした――少なくともかおるはそう感じた。

そう、きっと大丈夫。誰も、実際に殺し合いなんてするわけがないんだ。

【残り6人】
PR
COMMENTS
この記事にコメントする 
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字NAME:
TITLE:
URL:

MESSAGE:

Pass:[]
 1 2 3 4 5 6 7 8 
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
水金翔・ユウキナオ
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]
 / Photo by MIZUTAMA